ニキビ 乾燥 関係

ニキビと乾燥の関係性

乾燥とニキビの関係を知り対策を取る

ニキビは皮脂が大きな原因で発生しますから、どちらかという顔がベタついているオイリー肌がニキビ発生しやすいイメージがあります。

 

しかし、乾燥肌とニキビには大きな関係があるのです。

 

皮脂汚れを取り除くスキンケアは重要ですが、皮脂を取り過ぎるのも問題であり、洗顔し過ぎによって肌を守る為に必要な皮脂まで取ってしまうと逆に皮脂の過剰分泌が起こります。

 

ですから肌を保護する皮脂や水分バランスを整える事は必要であり、乾燥肌というものは肌を保護するバリア機能が低下している状態です。

 

乾燥肌状態になると肌がカサつくだけではなく皮脂の過剰分泌を引き起こす事にもなりますし、肌が傷つきやすい状態であり、ニキビの原因である菌の増殖もしやすい環境になります。

 

乾燥肌状態になればニキビが出来やすい上に悪化しやすくもなりますから、洗顔によって汚れを落とすだけではなく保湿ケアを徹底する事が重要になります。

 

保湿力が高まれば肌のバリア機能が高まってニキビが発生しやすくもなりますし、悪化を防ぐ事にも繋がります。

 

さらに保湿力が高まった肌は、肌の生まれ変わりを促す効果も高くなりますから、28日周期で起こるターンオーバーが保たれて古い肌から新しい肌に生まれ変わる事になります。

 

乾燥肌状態だとこうしたターンオーバーが乱れてしまい、古い角質等が肌に残って抵抗力の無い状態を作ります。

 

外部からの紫外線ダメージにも弱く、あらゆる刺激にも抵抗出来ない為にニキビだけに限らずあらゆる肌トラブルを招く事にも繋がりますから、乾燥肌を改善させる事は肌を健康で美しく保つ為に必要です。

 

洗顔時にはファンデーション等の化粧落としは徹底して行い、クレンジングと洗顔料を活用して洗顔します。
そこからすぐに保湿化粧水を使ってパッティングで保湿作業を行います。

 

保湿作業を行っても時間が経過すれば乾燥が始まりますから、保湿を維持する為にも乳液等を使って蓋をする事により、
保湿力が高まった状態で肌をキープし、次第に肌の抵抗力が高まりニキビを防いだり改善させる事になります。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ